iP-special

  • CONPROSYS IoTゲートウェイ/PACシリーズ

製品情報 モーションコントローラー メーカー30社の製品一覧

クリックランキング (2023年11月)

モーションコントローラーとは

モーションコントローラーとは、サーボモータを搭載した産業装置やロボットの動きを制御するコントローラ。サーボドライバやマシンコントローラなどと呼ばれることもある。制御ソフトのみで装置の複雑な動き(トルク、位置、速度など)を高速、高精度に制御することが可能であるため、導入が容易である。

  • 3ステップで誰でもロボットマスター ロボットコントローラ MRC01
  • オリエンタルモーター
  • 3ステップで誰でもロボットマスター ロボットコントローラ

    αSTEP AZシリーズ/AZシリーズ搭載 電動アクチュエータで自作した多軸ロボットを簡単に、設定・プログラムして動かせるロボットコントローラです。
    MRC01と上位システムとの連携は、EtherNet/IPTMでダイレクト制御。既存の設備の制御システムを大きく変更せずに、自作ロボットをかんたんに追加導入できます。
    自作ロボットの初期設定から動作プログラムまで、かんたんに設定できる「プログラミングソフト MRC Studio」 をご用意しています。

  • ACS社EtherCATベースの最大64軸の同期制御モーションコントローラ
  • ピーアイ・ジャパン
  • ACS社EtherCATベースの最大64軸の同期制御モーションコントローラ

    <ACS Motion Control の特徴>
    ・EtherCAT接続による最大64軸の完全同期制御:サーボサイクル20KHz
    ・各種ユニットやモジュールコントローラ、ドライバ、IOなど提供
    ・ServoBoost機能:リアルタイム外乱補正。荷重等の変化を最適化
    ・NanoPWM機能:サブナノメートルの停止ジッター
    ・LCM/LCI:高機能レーザー制御コントローラ。レーザー照射と座標を同期
    ・SPC Software:レーザー加工に特化。CAD読込・レシピ・加工など

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B To B)の対象です。各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング モーションコントローラーのクリックランキング 2023年11月 BEST13

順位 企業名 クリック割合
1 オリエンタルモーター 17.7%
2 オムロン 制御機器・FAシステム 8.1%
2 三菱電機 FA機器 8.1%
2 住友重機械工業 メカトロニクス 8.1%
2 日本ムーグ 8.1%
6 ハイバーテック 6.5%
7 山洋電気 4.8%
7 ピーアイ・ジャパン 4.8%
9 日本パルスモーター 3.2%
9 テクノドライブ 3.2%
9 ジェイテクト 3.2%
9 キョーパル 3.2%
9 テクノ 3.2%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

モーションコントローラーをもっと知る

モーションコントローラーをもっと知る

PLC用モーション制御ユニットタイプとは、PLC専用のモーションコントローラで、PLCを製造装置のメインコントローラとして、PLCだけでは実現できない多軸高速同期モーション制御を可能にしている。PLCとの通信には各社独自の通信規格や接続方式を用いており、簡単に接続、高速通信制御が行える。制御プログラムは、ラダープログラムやSFC(Sequential Function Chart)などを使用し、既にPLCを使っている場合に導入しやすい。

スタンドアロンタイプは、PLC、産業用PC、ノートPC、ラズベリーパイなど、上位コントローラを自由に選択できる。電源を供給しさえすれば、上位コントローラー無しでも単独で稼働することもできる。数nmオーダーの緻密な制御や、サブμmオーダーの高速な制御を必要としない、数軸の小規模から数十軸程度の中規模な制御装置を構築する際に用いられる。
モーション制御がメインで、ちょっとしたI/O動作やAD/DA動作をしたい場合に、コンパクト、低コストで実現できる。内部制御プログラムは、メーカー独自のもの、また一般的なC言語など多言語に対応している。

モーションコントローラ―を選定する方法にはいくつかあり、上位コントローラがすでに決まっている場合には選択肢は絞られ、上位コントローラがPLCかどうかで選択することが多い。使用するモータの種類や機械構造から制御出来るモーションコントローラを選ぶ場合は、駆動機器の指令入力形式から選択する。その他には制御軸数、使用可能なプログラミング言語や開発環境、装置の規模などで選択する。


以下のサイトから抜粋
https://primemotion.com/motion-controller