SRAMとは

SRAMとは、定期的なリフレッシュ(記憶保持動作)が不要な揮発性半導体メモリ。SRAMは、Static Random Access Memoryの略称である。制御が簡単で消費電力が少なく、バッテリーバックアップで記憶保持できるところから初期のマイコンなどでは広く使われていた。フラッシュメモリの登場で、記憶保持の主流ではなくなったが、単純な周辺回路で使用できて、高速アクセスが可能であるため、産業用機器などに使われている。

SRAM世界シェア第2位のISSI 長期安定供給で顧客ニーズに対応します ISSI コンタクト
SRAM世界シェア第2位のISSI 長期安定供給で顧客ニーズに対応します

積極投資で新製品も投入中。企業理念の高品質な製品を長期安定供給で、お客様へお届けしています。
◆非同期式SRAM:64kbit~32Mbit、5v、3.3v、1.8v、高速、低消費電力品など。
◆シリアルSRAM:512kbit~4Mbit、3.3v、1.8v、小型パッケージ品など。
◆Pseudo SRAM : 8Mbit~64Mbit、1.8v、3.3vなど。
◆同期式SRAM : 2Mbit~72Mbit、1.8v、2.5v、3.3vなど

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング SRAMのクリックランキング 2022年7月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 ISSI 18.9%
2 インフィニオン テクノロジーズ 16.8%
3 マイクロチップ 11.6%
3 ルネサス エレクトロニクス 11.6%
5 Microsemi 7.4%
6 Lyontek 6.3%
7 オンセミ 5.3%
7 Alliance Memory 5.3%
7 NetSol 5.3%
10 Chiplus Semiconductor 4.2%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

「SRAM」に関連するニュース 「SRAM」に関連するニュース

  • 降圧LEDドライバー LT8376 ADI
  • 電圧式 MEMSミラー STANLEY

セミナー・イベント情報

【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定
【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定

75以上の技術セッションやハンズオンセッション10講演を用意。150名以上のマーケットリーダーが講演。

注目の商品

代理店・取扱店情報
  • 国内最大 約3900社 の代理店・取扱店情報を掲載中