製品情報 赤外線ランプ メーカー3社の製品一覧

クリックランキング (2024年5月)

赤外線ランプとは

赤外線ランプとは、可視光線より波長が長い(低周波数)の電磁波を放射するランプ。IR(InfraRed)ランプと略される。赤外線は波長により近赤外線、中赤外線、遠赤外線に分類されるが、電子機器で使われるのは近赤外線が主。赤外線光源の用途は、センサー光源、写真撮影用光源、空間通信(情報通信やリモコン)やファイバー通信の光源などである。電球タイプはLEDに比べて波長帯域が広く、赤外域での発光効率が高い。

  • 超小型赤外線ランプ (真空タングステンフィラメントランプ)
  • 押野電気製作所 コンタクト
  • 超小型赤外線ランプ (真空タングステンフィラメントランプ)

    押野電気製作所では、赤外光源用に改良を加えた超小型赤外線ランプを製造・販売しています。この赤外光源用ランプは、赤外線光源に求められる仕様に最適化されたランプで、ガス検知器やガス濃度測定器、分光器等に搭載され、医療、産業、自動車、環境測定等の幅広い分野でご使用頂いています。
    可視光域から中赤外(約380~5,000nm)の広い帯域で出力があり、長寿命、小型。また、コストパフォーマンスが高く、高温環境下でも使用可能という多くの特長を持った赤外線ランプです。

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B To B)の対象です。各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。