製品情報 工業用カメラ (FAカメラ) メーカー66社の製品一覧

クリックランキング (2024年4月)

工業用カメラ (FAカメラ)とは

工業用カメラ (FAカメラ)とは、画像処理や監視などに用いられる産業用のカメラ。撮像方式にはエリアスキャン式とラインスキャン式がある。これは映像の露光と読み出し方法の違いを表し、カメラは各専用または切替式になる。エリアスキャン式は、全画素同時露光一括読み出しをするもので、グローバルシャッター式とも呼ばれ、移動する被写体やストロボ撮影に適している。このカテゴリには主にエリアスキャン式の製品を掲載する。

  • ハイパースペクトルカメラ AHS-003VIR
  • アバールデータ コンタクト
  • ハイパースペクトルカメラ

    「AHS-003VIR」はソニー製のInGaAs センサーを採用した近赤外ハイパースペクトルカメラです。
    640 画素のラインにて、可視領域である450nm から近赤外領域の1700nm までの波長を分光し、512バンドのスペクトル情報として取得します。XY座標の二次元空間情報と波長軸のデータ(ハイパースペクトル情報)を同時に取得できるため、対象物の成分分析や識別(物質ごとに異なる光の吸光度の変化によって成分を算出)することができます。可視光だけでは見ることのできなかった対象物を非破壊・非接触で測定や検査が可能です。

  • 1.3M/5um短波長赤外(SWIR)カメラ ABA-013VIR
  • アバールデータ コンタクト
  • 1.3M/5um短波長赤外(SWIR)カメラ

    ソニー社製InGaAs SWIRイメージセンサーIMX990を搭載することで、【1】可視光(400nm)から非可視光/近赤外線(1700nm)までの広帯域でシームレスな撮像を実現。【2】有効画素数は約131万画像、1280(H)×1024(V)の高解像撮影ができる”広帯域・高感度”近赤外線エリアカメラ。半導体分野や食品分野や農産物の選別や食品分野、薬剤・化粧品分野など幅広い産業分野で精密な検査要求が広がる中、今回の製品は従来の可視光での検査と同時に肉眼では見えない非可視光(近赤外線)による検査も可能になるため、欠陥検査・異物検査や材料の選別など産業分野でのさまざまな検査要求に応えることができます。

  • 浜松ホトニクス

  • X線カメラ

    カメラ:qCMOSカメラ、CMOSカメラ、CCDカメラ、EM-CCDカメラ、InGaAsカメラ、TDIカメラ(Time Delay Integration)
    ボードカメラ:ボード型CMOSカメラ、ボード型TDIカメラ
    X線カメラ:X線ラインセンサカメラ、X線TDIカメラ、X線CMOSカメラ、X線イメージインテンシファイア(X線I.I.)とCMOSイメージセンサで構成されたX線I.I.カメラユニット、及びX線イメージインテンシファイア

  • カメラ

    CMOSカメラ、CCDカメラ、EM-CCDカメラ、InGaAsカメラ、TDI(Time Delay Integration)、qCMOS™カメラ

  • HMS

  • スマートデバイス

    SiNGRAY Stereoシリーズ、ステレオVSLAM&ToF機能搭載スマートカメラ、AI外観検査用スマートカメラ、AI3Dピッキング用スマートカメラ、AI体温測定スマートカメラ

  • Lytro

  • Lytro camera

    ライト・フィールド・カメラ 見る時にピントを自由に変えられるカメラ

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B To B)の対象です。各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング 工業用カメラ (FAカメラ)のクリックランキング 2024年4月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 ソニー 12.2%
2 リコー 11.0%
3 キヤノンマーケティングジャパン 9.8%
4 オムロンセンテック 8.5%
4 キヤノン 8.5%
6 アバールデータ 7.3%
7 東芝テリー 4.9%
8 シナノケンシ ASPINA 3.7%
8 シーアイエス 3.7%
8 ウェルドビジョン 3.7%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

「工業用カメラ (FAカメラ)」に関連するニュース 「工業用カメラ (FAカメラ)」に関連するニュース