製品情報 X線検査装置

クリックランキング (2022年7月)

X線検査装置とは

X線検査装置とは、X線を利用する産業用の検査装置。最も多いのは、非破壊検査を目的とする装置、いわゆる透視検査装置である。単純撮影装置だけでなく、CT(Computed Tomography)装置もあり、三次元的な観察も可能で、製品の異物、欠品、かみこみ、形状などの検査や、IC・電子部品の断線、短絡などの検査に広く使われる。また、X線により発生する蛍光X線分析や、X線吸収または散乱などを利用しての厚み計測のための装置もある。

Cheetah EVO:エレクトロニクス業界向けマルチフォーカスX線CT装置 エクスロン コンタクト
Cheetah

自社製X線管を搭載し、ナノ・マイクロ・ハイパワーとマルチなフォーカスモードを備え、透視検査・解析、直交CT、斜めCT、リフローシミュレータなどマルチな用途に活躍します。半導体や電子部品だけでなく、樹脂製品、ゴム部品、金属部品等様々なアプリケーションに有効でオリジナルCT再構成ソフトと3D表示ソフトを搭載しており、高感度型16ビットフラットパネル検出器による抜群の表現力を持っています。

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング X線検査装置のクリックランキング 2022年7月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 エクスロン 13.5%
2 マーストーケンソリューション 6.5%
3 松定プレシジョン 5.4%
3 島津製作所 5.4%
3 富士フイルム 5.4%
3 ポニー工業 5.4%
3 ニコンソリューションズ 5.4%
3 リガク 5.4%
9 オリンパス 4.3%
9 オムロン 制御機器・FAシステム 4.3%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

「X線検査装置」に関連するニュース 「X線検査装置」に関連するニュース

  • AMR導入 7ステップと3ポイント OMRON
  • 30製品サンプル無料進呈! 廣杉計器

セミナー・イベント情報

10月6日 (木)「インテル 製造フォーラム 2022」初の会場開催!
10月6日 (木)「インテル 製造フォーラム 2022」初の会場開催!

有明セントラルタワーホールにて、製造業向けイベント「インテル製造フォーラム 2022」を開催!

磁石を使った固定に!マグナ プレートキャッチ マグナ
磁石を使った固定に!マグナ プレートキャッチ

マグナのプレートキャッチは、強力なネオジム磁石に皿ネジ用の穴が直接磁石にあけられているため、容易に取り付け可能。様々な製品固定にご利用いただいております。

注目の商品

代理店・取扱店情報
  • 国内最大 約3900社 の代理店・取扱店情報を掲載中