製品情報 酸化金属皮膜抵抗器

クリックランキング (2022年7月)

酸化金属皮膜抵抗器とは

酸化金属皮膜抵抗器とは、セラミックの基体表面に酸化スズなどの酸化金属を用いて抵抗体とした抵抗器。俗にサンキンという。数W程度の中電力用として使われる。酸化金属は発熱しても燃焼はしないが、高温になるので実装には注意が必要。諸特性は金属皮膜抵抗器に似ているが、温度係数は概ね±350ppm/℃程度で劣る(金属皮膜抵抗器は汎用品でも±100ppm/℃未満)。精度もあまりよくないので高精度を必要とする回路には不向きである。

長期実績と信頼の定番“酸金抵抗” RSF/RSMFシリーズ 赤羽電具製作所 コンタクト
長期実績と信頼の定番“酸金抵抗” RSF/RSMFシリーズ

■高い汎用性と長期実績の酸化金属皮膜固定抵抗器
■用途:電気機器全般の高電圧・電力系回路
■抵抗値:0.1-120k (Ω)
■定格電力:0.5-3 (W)
■抵抗値許容差:1、2、5 (±%)
■外装コーティングはUL94 V-0認定品

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング 酸化金属皮膜抵抗器のクリックランキング 2022年7月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 赤羽電具製作所 20.0%
2 KOA 17.9%
3 福島双羽電機 8.3%
4 Vishay 6.9%
4 帝国通信工業 6.9%
4 北陸電気工業 6.9%
4 タクマン電子 6.9%
8 YAGEO 6.2%
9 TE Connectivity 5.5%
10 日本抵抗器製作所 4.8%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

  • 高電圧絶縁 日本TI
  • オーディオアンプ MAX98365 ADI

セミナー・イベント情報

【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定
【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定

75以上の技術セッションやハンズオンセッション10講演を用意。150名以上のマーケットリーダーが講演。

注目の商品

代理店・取扱店情報
  • 国内最大 約3900社 の代理店・取扱店情報を掲載中