製品情報 ファンドリーサービス

クリックランキング (2022年7月)

ファンドリーサービスとは

ファンドリーサービスとは、半導体産業において、半導体デバイス(半導体チップ)を生産する工場を持ち、半導体デバイスの生産を専門に請け負うこと。ファウンドリサービスまたはファウンダリサービスと呼ばれることもある。ファンドリーメーカーは、製造技術の水準が高く、多くの企業の製品をまとめて生産するためコストを低く抑えることが可能である。そのため半導体メーカーは設備投資も抑えられる。

小型化・軽量化に最適なWL-CSP、及び、ウエハレベル加工のビジネスを請負います! セイコーエプソン 電子デバイス コンタクト
小型化・軽量化に最適なWL-CSP、及び、ウエハレベル加工のビジネスを請負います!

ウエハレベルチップサイズパッケージ(WL-CSP)は、電子機器の軽量化、小型化、薄型化に最適なパッケージです。自社半導体製品の製造にて培ってきた経験を活かしたサポートを行います。
また、研削や検査の対応、出荷形態の変更など、お客様のご要望に応じた受託ビジネスのご提案を行います。
少量からのご依頼もお受けしますので、お気軽にご相談下さい。

  • Vanguard (VIS)

    [代理店/取扱店情報]
  • ファンドリーサービス

    主なプロセス技術は、TMSCのライセンスを取得したプロセス技術で対応。汎用ロジック、高電圧、ミックスドシグナル、アナログ、RF CMOS、embedded OTP、マスクROM、超低消費電力CMOS、low Rds-on LDMOS、Biplor-CMOS-DMOS、CMOSイメージセンサーなどフルラインナップで提供している。

  • TSMC

    [代理店/取扱店情報]
  • ファンドリーサービス

    55nm、65nm、90nm、0.13umのプロセス対象。すべてのノードでロジック設計、ミックスシグナル/RFのほか、65nm、90nmでのDRAM混載オプションもサポート。設計では、TSMCのIPマクロとファンドリー最大のサードパーティIPライブラリ・ポートフォリオの活用が可能。

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング ファンドリーサービスのクリックランキング 2022年7月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 日清紡マイクロデバイス 28.6%
2 セイコーエプソン 電子デバイス 14.3%
3 オンセミ 10.7%
3 YITOAマイクロテクノロジー 10.7%
5 Powerchip 7.1%
5 ユナイテッド・セミコンダクター・ジャパン 7.1%
5 GCS 7.1%
5 GLOBALFOUNDRIES 7.1%
9 TSMC 3.6%
9 Vanguard (VIS) 3.6%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

  • 高電圧絶縁 日本TI
  • 電圧式 MEMSミラー STANLEY

セミナー・イベント情報

【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定
【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定

75以上の技術セッションやハンズオンセッション10講演を用意。150名以上のマーケットリーダーが講演。

注目の商品

電子分野

ASIC / FPGA / CPLD

ASIC

FPGA / PLD

ファンドリー

IPコア

代理店・取扱店情報
  • 国内最大 約3900社 の代理店・取扱店情報を掲載中