製品情報 ファンドリーサービス メーカー13社の製品一覧

クリックランキング (2023年11月)

ファンドリーサービスとは

ファンドリーサービスとは、半導体産業において、半導体デバイス(半導体チップ)を生産する工場を持ち、半導体デバイスの生産を専門に請け負うこと。ファウンドリサービスまたはファウンダリサービスと呼ばれることもある。ファンドリーメーカーは、製造技術の水準が高く、多くの企業の製品をまとめて生産するためコストを低く抑えることが可能である。そのため半導体メーカーは設備投資も抑えられる。

  • TSMC

  • ファンドリーサービス

    55nm、65nm、90nm、0.13umのプロセス対象。すべてのノードでロジック設計、ミックスシグナル/RFのほか、65nm、90nmでのDRAM混載オプションもサポート。設計では、TSMCのIPマクロとファンドリー最大のサードパーティIPライブラリ・ポートフォリオの活用が可能。

  • Vanguard (VIS)

  • ファンドリーサービス

    主なプロセス技術は、TMSCのライセンスを取得したプロセス技術で対応。汎用ロジック、高電圧、ミックスドシグナル、アナログ、RF CMOS、embedded OTP、マスクROM、超低消費電力CMOS、low Rds-on LDMOS、Biplor-CMOS-DMOS、CMOSイメージセンサーなどフルラインナップで提供している。

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B To B)の対象です。各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング ファンドリーサービスのクリックランキング 2023年11月 BEST12

順位 企業名 クリック割合
1 TSMC 19.4%
2 セイコーエプソン 電子デバイス 12.9%
2 オンセミ 12.9%
4 YITOAマイクロテクノロジー 9.7%
4 X-FAB 9.7%
4 日清紡マイクロデバイス 9.7%
7 Vanguard (VIS) 6.5%
7 ユナイテッド・セミコンダクター・ジャパン 6.5%
9 Powerchip 3.2%
9 Advanced Wireless Semiconductor 3.2%
9 GCS 3.2%
9 MultiDimension Technology 3.2%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。