製品情報 白金温度センサー

クリックランキング (2022年7月)

白金温度センサーとは

白金温度センサーとは、白金を使用して電気抵抗で温度を検出するセンサー。測温抵抗体、RTD(Resistance Temperature Detector)、Ptセンサーとも呼ばれる。白金は高純度のものが容易に得られ、加工も容易で、安定していて温度係数が一定であるために早くから巻線型温度センサーとして利用されている。現在の白金センサーの主流は薄膜型で、より安価になっている。Pt100は、0℃において100Ωとなる白金抵抗測温体をいう。

【KOA】SDT310VASP2 白金温度センサ(業界最小クラス/小形ヒーター素子) KOA お問い合わせはこちら
【KOA】SDT310VASP2 白金温度センサ(業界最小クラス/小形ヒーター素子)

【業界最小クラス】 白金温度センサSDT310VASP2は従来製品(SDT310VASP)比較で応答性能向上。
■サイズ:感温部の幅0.4mmで長さ2mm
■熱時定数:2.3sと従来製品(SDT310VASP)の3.2sより0.9s早い熱時定数
■AEC-Q200に対応(データ取得)

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング 白金温度センサーのクリックランキング 2022年7月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 KOA 25.7%
2 オメガエンジニアリング 17.1%
3 アルファ・エレクトロニクス 12.9%
4 岡崎製作所 11.4%
4 立山科学ハイテクノロジーズ 11.4%
6 ヘレウス 4.3%
7 JUMO 2.9%
7 ネツシン 2.9%
7 IST 2.9%
7 林電工 2.9%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

  • 高電圧絶縁 日本TI
  • 電圧式 MEMSミラー STANLEY

セミナー・イベント情報

【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定
【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定

75以上の技術セッションやハンズオンセッション10講演を用意。150名以上のマーケットリーダーが講演。

注目の商品

代理店・取扱店情報
  • 国内最大 約3900社 の代理店・取扱店情報を掲載中