製品情報 信号リレー

クリックランキング (2022年7月)

信号リレーとは

信号リレーとは、中程度以下の電力の電気信号を開閉するリレー。信号リレーと呼ぶ製品の範囲に特に規格や業界基準はない。一般にパワーリレーや高周波リレーと呼ばれるリレーを除く、ほぼすべての有接点リレーが相当する。一部のメーカーでは接点定格の上限が2A程度と分類している。開閉電力が小さくなるにつれて接点の自浄が難しくなるため、接点の構造や表面処理などに工夫がされているが、最小適用負荷には留意する必要がある。

【 CUI Japan 】 信号リレー シーユーアイ・ジャパン お問い合わせ
【

CUI の信号用リレーは、最大スイッチング電流が2Aまたは3Aの低レベル電流スイッチングを必要とする産業用デバイス、テストおよび測定機器、セキュリティシステムなどに最適です。
●接点構成:1c、2c ●接点定格:120 / 125Vac / 24Vdc、1A
●コイル電力:150mW ~ 450mW
●コイル電圧:3Vdc ~ 24Vdc
◆お問い合わせはコチラ ⇒ (株)シーユーアイ・ジャパン 電話:03-6721-9396 Eメール: info@cui.co.jp

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング 信号リレーのクリックランキング 2022年7月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 オムロン 電子部品 21.0%
2 富士通コンポーネント 14.5%
3 パナソニック インダストリー 12.9%
4 TE Connectivity 11.3%
5 KEMET 8.1%
6 神明電機 6.5%
7 Hongfa 3.2%
7 Massuse Electric 3.2%
7 Excel Cell Electronic (ECE) 3.2%
7 EMデバイス 3.2%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

  • 高電圧絶縁 日本TI
  • オーディオアンプ MAX98365 ADI

セミナー・イベント情報

【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定
【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定

75以上の技術セッションやハンズオンセッション10講演を用意。150名以上のマーケットリーダーが講演。

注目の商品

電子分野

リレー

信号用リレー

高周波用リレー

パワー用リレー

半導体リレー

計測用リレー

車載用リレー

代理店・取扱店情報
  • 国内最大 約3900社 の代理店・取扱店情報を掲載中