製品情報 CMOS5V標準ロジック

クリックランキング (2022年7月)

CMOS5V標準ロジックとは

CMOS5V標準ロジックとは、PチャネルMOSFETとNチャネルMOSFETが相補的に動作するCMOS回路の中で、電源レールが5Vの汎用論理素子の半導体集積回路。CMOSは、Complementary Metal Oxide Semiconductorの略で、相補性金属酸化物半導体を指す。主な機能はNOT(インバータ)、バッファ、NAND、NOR、AND、OR、Exclusive OR、デコーダ、マルチプレクサ、ラッチ、FF、カウンタ、シフトレジスタ、アナログスイッチなどである。

ガスメーター等、各種計測機器・インフラ関連メーターの開発に貢献 エイブリック 製品担当者に直接相談
ガスメーター等、各種計測機器・インフラ関連メーターの開発に貢献

エイブリックのカウンタIC S-35770 Iは、外部から入力されたクロックをカウントすることを可能とするIC。
 ◆I2C-busインターフェースでカウンタデータを読み出し可能
 ◆0~16,777,215(24ビット)までカウント可能
 ◆超低消費電流:10nA typ.

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング CMOS5V標準ロジックのクリックランキング 2022年7月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 ルネサス エレクトロニクス 18.8%
2 東芝デバイス&ストレージ 16.3%
2 STマイクロエレクトロニクス 16.3%
4 テキサス・インスツルメンツ(TI) 13.8%
5 オンセミ 12.5%
6 Nexperia 8.1%
7 System Logic 6.9%
8 Silan Microelectronics 4.4%
9 Cissoid 1.9%
10 エイブリック 1.3%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

  • 高電圧絶縁 日本TI
  • 電圧式 MEMSミラー STANLEY

セミナー・イベント情報

【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定
【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定

75以上の技術セッションやハンズオンセッション10講演を用意。150名以上のマーケットリーダーが講演。

注目の商品

代理店・取扱店情報
  • 国内最大 約3900社 の代理店・取扱店情報を掲載中