製品情報 VMEボード

クリックランキング (2022年7月)

VMEボードとは

VMEボードとは、VMEバス規格を採用したシングルボードコンピュータ。VMEバスは、モトローラがCPU 68000のために作ったVERSAバスから発展、拡張した規格で、VERSAmodule Eurocard bus(またはVersa Module Europa)から来た名称。IEC 60821、ANSI/IEEE 1014-1687として標準化されている。フォームは、一般的にはシングルハイト(3U、高さ100mm)とダブルハイト(6U、高さ233.35mm)があり、奥行き160mmである。

第6世代 Intel Core シリーズ搭載 6U VMEボード RosewoodⅡ 電産 コンタクト
第6世代

●Skylake世代 Intel Core i7/i5、Celeron 搭載
●DDR4 SO-DIMMx2(最大32GB)
●I/O: DVI-I、GbEx2、USB3.0x3、USB2.0x1、RS232Cx2
●ストレージ: 2.5インチHDD/SDD、mSATA SSD 搭載可能
●BIOS自社カスタマイズ可能
●6U 1スロット幅
●RoHS指令、温度拡張(-20~+70℃)対応
●OS: Windows、Linux、VxWorks 等

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング VMEボードのクリックランキング 2022年7月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 電産 17.4%
2 Kontron 13.0%
2 イノテック 13.0%
4 ミヤケ電子 8.7%
4 アドバネット 8.7%
4 Penguin Edge 8.7%
7 エムアイエス 6.5%
7 サンリツオートメイション 6.5%
7 Concurrent Technologies 6.5%
10 アンペール 4.3%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

  • 降圧LEDドライバー LT8376 ADI
  • 電圧式 MEMSミラー STANLEY

セミナー・イベント情報

【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定
【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定

75以上の技術セッションやハンズオンセッション10講演を用意。150名以上のマーケットリーダーが講演。

注目の商品

代理店・取扱店情報
  • 国内最大 約3900社 の代理店・取扱店情報を掲載中