製品情報 デジタルI/Oボード

クリックランキング (2022年7月)

デジタルI/Oボードとは

デジタルI/Oボードとは、シングルボードコンピュータ(SBC:Single Board Computer)による産業用コンピュータシステムにおいて、デジタル入出力ポートの機能を集約した外部インターフェース回路基板。リレーやスイッチ出力などからの信号をSBCに入力する、またはSBCからのデータをリレーや表示器などに出力する機能を持つ。インターフェース回路には絶縁入出力タイプと非絶縁入出力タイプとがある。

ワイツーのデジタルI/Oユニット・各種計測制御ユニット。無線LAN接続・USB接続。 ワイツー コンタクト
ワイツーのデジタルI/Oユニット・各種計測制御ユニット。無線LAN接続・USB接続。

ワイツーのデジタルI/Oは、入出力点数が5点から192点の幅広いラインナップ。高信頼性で使いやすい絶縁回路電源内蔵タイプもあります。無線LAN接続とUSB接続ですのでパソコン、タブレット、スマートフォンで使用可能です。デジタルI/Oの他に、高速同時サンプリング可能な高機能アナログI/O、大電流c接点リレー出力、直線/S字加減速・直線補間機能搭載の高機能モーター制御など各種計測制御ボードもラインナップしています。
●デジタル入出力 ●アナログ入出力 ●リレー出力 ●モーター制御

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング デジタルI/Oボードのクリックランキング 2022年7月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 ワイツー 22.1%
2 インタフェース 10.7%
3 コンテック 9.6%
4 日本ナショナルインスツルメンツ 7.1%
5 ハイバーテック 6.1%
5 グラフイン 6.1%
7 ADLINKジャパン 5.7%
7 ノヴァエレクトロニクス 5.7%
9 ミッシュインターナショナル 5.0%
10 SAYA 4.6%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

  • 高電圧絶縁 日本TI
  • 電圧式 MEMSミラー STANLEY

セミナー・イベント情報

【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定
【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定

75以上の技術セッションやハンズオンセッション10講演を用意。150名以上のマーケットリーダーが講演。

注目の商品

代理店・取扱店情報
  • 国内最大 約3900社 の代理店・取扱店情報を掲載中