製品情報 インターフェース用 IC メーカー9社の製品一覧

クリックランキング (2024年5月)

インターフェース用 ICとは

インターフェース用ICとは、信号の形態、プロトコルや速度などが異なるシステム間で、信号やデータの受け渡しを行なうために両者の入出力を電気的に結合させるための機能に特化して設計された半導体集積回路。プロトコル変換、レベル変換、シリアル-パラレル変換(UART/USART)などの機能を持つASSP(Application Specific Standard Product)である。

  • ルネサス エレクトロニクス

  • メモリインターフェース

    DDR向けPLL/レジスタ、DDR2向けPLL/レジスタ/アドバンストメモリーバッファ(AMB)/温度センサ、DDR3向けレジスタ/PLL/温度センサ、DDR4向けレジスタ付きクロックドライバ/データバッファ/温度センサ、DDR5向けパワーマネジメント IC(PMIC)/SPDハブ/レジスタクロックドライバ/温度センサ/データバッファ/I3Cリドライバ/エクスパンダ、SDR向けPLL/レジスタ

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B To B)の対象です。各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング インターフェース用 ICのクリックランキング 2024年5月 BEST8

順位 企業名 クリック割合
1 東芝デバイス&ストレージ 28.6%
2 アナログ・デバイセズ 16.3%
2 NXPジャパン 16.3%
4 STマイクロエレクトロニクス 10.2%
5 ASIX 8.2%
5 Parade Technologies 8.2%
7 MaxLinear 6.1%
7 Diodes 6.1%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

「インターフェース用 IC」に関連するニュース 「インターフェース用 IC」に関連するニュース