製品情報 熱流体解析

クリックランキング (2022年7月)

熱流体解析とは

熱流体解析とは、流体の対流や放射による熱の大気への放出をシミュレーションすることであり、このカテゴリ内では、そのシミュレーションのためのCAEソフトウエアをいう。電子機器の内部は多くの部品が狭い範囲に集積し、伝導による放熱以外に対流や放射による空気での放熱が、機器の性能を左右する重要な要素となる。この見えない空気(場合によっては液体)の流路と熱エネルギーをコンピュータを利用して解析するソフトウェア。

3次元汎用熱流体解析ソフトウェア PHOENICS CHAM Japan コンタクト
3次元汎用熱流体解析ソフトウェア

世界で最初の流体解析ソフトウェア「PHOENICS」は、1981年にリリース以来、40年近く多くのユーザーに支持され、CFD分野のデファクトスタンダードソフトとして評価を得てきました。
◆構造格子及びCut-Cell、IBM手法を活かし、簡単・自由な形状表現が可能。
◆固体と流体の連成熱解析(対流+伝導+輻射)や潜熱を考慮した相変化を伴うニ相流解析等、幅広い熱流体計算に対応。 ◆スライディングメッシュも使えて、他に移動、回転する物体の流れの解析が簡単にできる。 ◆バーチャルリアリティを用いたモデル化やデータ作成機能、高精度な図視化機能が標準装備。

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

前月のクリックランキング 熱流体解析のクリックランキング 2022年7月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 CHAM Japan 15.2%
2 アドバンスドナレッジ研究所 12.1%
3 ソリッドワークス 9.1%
3 ITアシストコム 9.1%
5 フォトン 6.1%
5 科学技術研究所 6.1%
5 アンシス・ジャパン 6.1%
5 ソフトウェア クレイドル 6.1%
5 ムラタソフトウェア 6.1%
5 オートデスク 6.1%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。

  • 高電圧絶縁 日本TI
  • オーディオアンプ MAX98365 ADI

セミナー・イベント情報

【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定
【Works With 2022】Amazon、Google、Silicon LabsなどのIoT巨大企業が基調講演を予定

75以上の技術セッションやハンズオンセッション10講演を用意。150名以上のマーケットリーダーが講演。

注目の商品

代理店・取扱店情報
  • 国内最大 約3900社 の代理店・取扱店情報を掲載中