技術解説

アナログ回路設計

新着テーマ

技術解説
オペアンプの応用-減算回路

PDFダウンロード

アナログ回路設計

オペアンプの応用-減算回路

減算回路動作原理

減算回路は、差動増幅回路の原理を使用しています。つまり、2つの入力信号の差分を増幅します。

減算回路の基本回路を下図に示します。

減算回路動作の原理

まず、Vin-の電圧を求めます。

(V1-Vin-)・R1 = (Vin--Vo)/R2

が成り立つので

Vin- = (R2・V1 + R1・Vo)/R1 + R2

となります。

Vin+は、単純にV2をR3/R4で分圧したものなので、

Vin+ = R4/(R3+R4) × V2

です。イマジナリーショート(仮想短絡)で

Vin-=Vin+

となるので

R2×V1+R1×Vo/R1+R2=R4/(R3+R4)×V2

R1/(R1+R2)×Vo=R4/(R3+R4)×V2-R2/(R1+R2)×V1

となります。ここで、R1=R3, R2=R4とすると

R1/(R1+R2)×Vo=R2/(R1+R2)×V2-R2/(R1+R2)×V1

R1Vo=R2V2-R2V1

となり、

Vo=R2/R1(V2-V1)

が導かれます。よって、V1とV2の差分を増幅する結果になります。