技術解説

ブラシレスモータドライバの設計事例

新着テーマ

技術解説
試作1 ~基板製作~

PDFダウンロード

ブラシレスモータドライバの設計事例

試作1 ~基板製作~

試作:基板製作

基板製作に入ったら、基板が仕上がってくるまでの間に基板組立の準備に入ります。

●BOMで整理した、各部品をスケジュールに合わせて準備手配します。
●部品実装組立を外注業者にお願いする場合は、
⇒実装業者へ基板のデザインデータを渡し、実装機の半田マスク、治工具なども準備して貰います。
⇒基板上がり ⇒受け取り、チェック ⇒実装組立払出がスムースにできる様に日程と相互の連絡調整を行う。
基板チェック

基板が出来上がり、入荷したら、設計通りにできているかの確認を行います。 また、事前に下記のチェックリストを作成しておき必ず、複数人でのチェックを行い検査表に記入します。

●目視検査(チェック内容を明確に)
⇒数量
⇒傷、瑕疵の有無
⇒パターン崩れ、ショート、シルク印刷の確認
●導通検査(チェック内容を明確に)
⇒オープン、ショートの確認(回路図通りに端子間で確認)
実装組立工程へ払出し

チェック、検査が合格であれば、次工程の実装組立へ払出ます。